テントのサムネイル
テントには寝室のみのドーム型、リビングと寝室からなるツールーム型、家のような形状のロッジ、円錐形のティピーなどがある。登山では、テントを含む全ての荷物を背負って行動するため小型軽量、かつ強風に耐えることが求められる。 エドワード・ウィンパーが1862年にウィンパー・テントを発明し、後のテント
17キロバイト (2,419 語) - 2024年3月9日 (土) 11:58



ドーム型ソロ用テントはコンパクトで持ち運びもしやすく、手早く設営できるのでキャンプツーリングや登山キャンプにぴったりです。




<関連する記事>



ドーム型ソロ用テントの5つのメリット!自立して手早く何処でも張れるので行動派のキャンプ旅には最適!
…『ソロキャンプを始めたい!』と思った時に、まず最初に購入を考えるのはテントだと思います。テントの種類はフレームの形状や構造、外観の形や色などによって…
(出典:たびんちゅや)